婚活

婚活は複数同時進行がおすすめ!辛いけど迷わないでください

婚活は複数同時進行がおすすめ!辛いけど迷わないでください

婚活をしていると、気になる異性が複数いるというのは珍しいことではありません。

その場合は、結婚相手の候補が複数いるということになりますから、何人もの方と会ったり、メールをしたりすることになるでしょう。
しかし、一般的な交際の場合は、複数の人とデートをしたり、LINEをしたりするのは浮気になります。

婚活中の皆さんは、どのようにして複数の方とお付き合いをしているのでしょうか。

この記事では、婚活の同時進行がアリかどうかや、同時進行におすすめの人数、同時進行をやめるタイミング、一人に絞ったあとに他の人にどのように言って断るべきかなどを詳しくご紹介していきます。

婚活中の方や、これから婚活を始めようと思っている方は、参考にしてください。

婚活の複数同時進行はOKなの?

婚活の同時進行はあり?

婚活中は、色々な異性と出会います。

「あっちの人もいいな」「こっちの人も素敵」と悩みますよね。

婚活の時、同時進行についてはどう考えるべきなのでしょうか?

婚活の複数同時進行は「浮気」にはなりません

婚活をしている人の間では、複数の相手と同時進行するのは当然のことです。

多くの結婚相談所などでは、この期間のことを「仮交際」と呼んでいます。

仮交際期間は、まだ正式に恋人になったわけではなく、相手を見定めている時期です。

相手も、自分のことを見定めていますし、他の人とも仮交際しています。

婚活特有の「仮交際」の間であれば、浮気にはなりません。気になる人が何人もいるのであれば、どんどん仮交際してみましょう。 

婚活の複数同時進行で「失敗」が減ります

婚活を続けている方ならよくお分かりになると思いますが、婚活には失敗が付き物です。

どれだけデートを重ねても、一緒に食事に行っても、ある日突然音信不通になるなんてことは日常茶飯事です。

こちらにも選ぶ権利はありますが、相手にも選ぶ権利があります。

こちらが選ばれなかった時、それはすなわち婚活の失敗です。

もしたったの1人としか交際していなかった場合は、婚活失敗のリスクが高すぎます。

相手に振られたにせよ、自分が振ったにせよ、どのみち婚活の再スタートをしなければなりません。

交際中の人が0人のまましばらく過ごし、日程のあった日にやっと婚活パーティーに参加し、また相手を見つけなければなりません。

この時に良い相手がいなかったら、この無駄な期間はさらに長く続きます。

1人にだけ時間を費やすというのは、とてもハイリスクなのです。

でも同時進行であれば、「仮交際中の人が最低1人はいる」という状態ですから、他の婚活パーティーに参加しながら、仮交際中の異性と仲を深めることも可能なのです。

婚活は、同時進行にしたほうが時間のムダがとても少なく、効率がいいということです。

「結婚を急ぐ」のならば、複数同時進行がおすすめ

女性には、男性よりも結婚を急がなければならない理由があります。

なぜなら、妊娠・出産があるからです。

高齢になればなるほど妊娠・出産のリスクが高まるため、女性はできるだけ早く、効率よく婚活を進めなければなりません。

特に30代や40代の、アラサーやアラフォー世代の方は、スピードが命です。

婚活は同時進行にすることで効率はアップします。

常に仮交際している人が複数人いれば、1人とは駄目になっても、もう1人とは仮交際を続けられるのですから、無駄な時間がありません。
妊娠・出産を考えている人は、同時進行しない手はありません。

複数同時進行で「婚活の場数」を踏みましょう

婚活で複数の相手と仮交際することで、婚活の経験値をアップできるというメリットもあります。

婚活している人の中には異性とのお付き合いの経験があまりない状態で、婚活を始める方もいます。

たぶん、最初はうまくいかずに失敗に終わることもあるのではないでしょうか。

婚活の場数をいろいろと踏んでいると、なんとなく感覚的に分かってくることもあります。

どんな会話をしたらいいのか、自分のアピールはどこまでしたらいいのかなどです。

1人の男性とじっくり付き合っているだけでは、ここまで色々な婚活スキルを磨くことはできません。

婚活には、ある程度の経験値が必要です。

同時進行で複数の方と仮交際した方が、何倍も速いスピードでスキルアップできますよ。

何人と同時進行したらいいの?

仮交際で複数の方と同時進行するのはメリットが沢山あります。

「じゃあ、何人くらいの人と付き合うのが理想なの?」という疑問が湧き上がってくるでしょう。

同時進行におすすめの人数をご紹介します。

2~3人がおすすめです

同時進行するのに一番おすすめの人数は、2~3人です。

特に、同時進行が初めてだという方には、2人をおすすめします。


2~3人であれば、LINEやメールのやりとりがそこまで苦痛になりませんし、誰と何を話したのかよく覚えていられるので、突っ込んだ話もしやすくなります。


また、デートの予定を組みやすいのもメリットです。

平日夜にAさんとデートし、土日にBさんとデートをするというスケジュールなら、無理なく婚活を進められますよね。


「2人では選択肢が少ない」と感じられるのであれば、3人でもOKです。仮交際の相手が3人になれば、振られた時のリスクが軽減できますし、理想の相手に出会える可能性がより高まります。

同時進行の人数を増やしすぎた場合のデメリット

「4人以上と同時進行すれば、よりメリットが大きくなるんじゃないの?」と思われる方もいるかもしれませんが、実際は逆で、人数が増えすぎるとデメリットの方が多くなります。

まず、4人以上だと、スケジュール管理がとても大変になってきます。

相手の予定と自分の予定の合う日は、そんなにないと思います。

全員の休日が土日だったとしても、デートが土日に集中してしまうと、スケジュールを組めなくなりますよね。

それに、平日の夜にデート、休日も全てデートなんていう生活を送っていたら、休息の暇がなく、体調を崩してしまいます。

また、相手のプロフィールを覚えきれなくなるというデメリットもあります。

相手の名前、誕生日、職業、趣味、年収……。

普段はどこかにメモしておけばいいと思いますが、デート中はカンニングペーパーなんて使えませんので、自分で覚えておく必要があります。

「スマホを見るふりをしておけばいいんじゃない?」と思われるかもしれませんが、デート中にスマホをいじると、相手に不快感を与えることもあるのでおすすめできません。

一番気まずいのが、誰に何を話したのかを全て正確に覚えておけないという点です。

2~3人であれば、「Aさんとは前回こんな話をした」「Bさんにはここまで自分のことを話した」「Cさんには、こんなことを教えてもらった」というように覚えておけます。

しかしここにDさん、Eさんまでいたら、はたして覚えていられるでしょうか?

前回のデートで話した事などが思い出せなくなって、ボケツを掘ってしまいます。

同時進行は気持ちが辛い?

婚活では普通に行われている同時進行ですが、中には後ろめたさを感じる方もいるようです。

真面目な方ほど婚活の複数同時進行に後ろめたさを感じてしまいます。

しかし、婚活においては、そんなことばかりは言っていられません。

どんどん同時進行しなければ、結婚相手は、なかなか見つからないものです。

偶然、1人目の方が素晴らしい相手だったという場合もあるかもしれませんが、それはレアケースです。


自分にあった相手を見つけるには、大勢の人と出会うべきです。そして、何人かの異性をキープしておいて、その中から自分にあった人を選ぶがBESTです。

それに、相手も同時進行で多くの異性と仮交際しています。

それならば、「婚活には同時進行が必須!」と割り切ってしまうのが一番いいのではないでしょうか?

複数同時進行をやめるタイミングは?

婚活をするには同時進行は必須ですが、いつまでも同時進行していくわけにはいきません。

その内、誰か1人に絞り込まなくてはならなくなります。

一体どのタイミングでやめるべきなのでしょうか?

これには、正解は1つしかないと思います。

ずばり、「正式なお付き合いに発展したらスッパリやめる」。

正式に交際することが決まったら、そこから先は「仮交際」ではなく「交際」になります。

交際に発展すると、そこからはもう普通の恋人同士と同じになるので、同時進行で他の人とも付き合っていると、それは浮気扱いになってしまいます。

「正式な交際が決まっても、1人くらいはキープしておきたい」という人もいるかもしれませんが、欲を出すと悪い結果を招くことになります。

浮気がバレるとトラブルの元になりますので、正式な交際が始まったら、他の異性とはお別れしましょう。

一人の人に決めたときはどうする?

同時進行で婚活を進めていけば、その内必ず本命の人に出会えます。しかし、仮交際中の人が他にいた場合、どのように断るべきか悩みますよね。

でも、悩むことはありません。そのまま事実を告げればいいのです。

伝える方法は、メールでもLINEでもかまいませんが、電話だと相手が突然の連絡に戸惑ってしまいあなたを質問攻めにするかもしれませんから、文章で伝えるのがいいと思います。

絶対に伝えるべきことは、「正式に交際する相手が決まったこと」「これからは連絡ができないこと」「今までのデートなどへの感謝の気持ち」です。適当過ぎる文章だと、相手に不快感を与えてしまいますので、できるだけ丁寧に事情を説明し、相手への感謝の言葉を忘れずに書くようにしましょう。

まとめ

同時進行は、婚活においては「仮交際」となり、浮気にはなりません。

同時進行することで、効率よく婚活を進めることができるようになります。

しかし、同時進行の人数が多すぎるとデメリットが増えるため、同時進行の人数は多くても3人程度にしておきましょう。

もし正式に交際することが決まったら、他の相手には丁寧に事情を説明し、きっちりとお別れしましょう。

同時進行で婚活をするのは、悪いことではなく、誰でも行っていることです。

後ろめたい気持ちになることはりません。

特に女性はスピード重視なので、できるだけ効率をアップして婚活を進めるようにしましょう。

-婚活

© 2020 お役立ち情報ブログ |美彩life