婚活

【婚活詐欺の実態】悪い奴の手口と特徴をわかりやすく解説します

アラサー、アラフォーをむかえて婚活にはげむ女性のみなさん。「早く結婚したい!」というあなたの弱みにつけこんで結婚詐欺師は婚活サイト、婚活パーティー、マッチングアプリを狙っていますよ。

婚活はみなさんにとって大切なイベントです。しかし現在、婚活詐欺師の魔の手ににかかり、お金を騙し取られている女性が多くいるということも決して忘れないでください。

この記事では婚活詐欺師によくある手口と特徴、それと婚活被害にあわないための対策と被害にあったときの対処方法をまとめました。

婚活中の女性の一助になればうれしいです。

まず最初に婚活詐欺師の手口から見ていきましょう。

目次

男の婚活詐欺師の手口は4つ

男の婚活詐欺師の手口は4つ

婚活詐欺師の手口とはどういうものなのでしょうか?

代表的なケース4つを解説します。

その1)婚活サイトや婚活パーティー、マッチングアプリを悪用する

男の婚活詐欺師の多くは、婚活サイトに登録していたり、婚活パーティーに現れたりします。

結婚相談所というのは身分証明をはっきりしないと登録できませんが、婚活サイトやマッチングアプリ、婚活パーティーなどは身分証明をしなくて参加できてしまう場合が多いからです。

自分のプロフィールを偽って参加できるところなら、婚活詐欺師にとっては、思う存分に詐欺行為をできるうってつけの場所の言えるのです。

例えば、高収入の男性があつまる婚活パーティーには、経済力のある男性との出会いを求めて、そのパーティーに参加する女性はとても多いようです。

そして、理想の男性をゲットしたいという意欲が強くなるのです。

そんな女性を狙って、身分を偽り婚活詐欺師が、パーティーに紛れ込んでいるなんてことも実際にあるのです。

その2)デートを重ねて親密な関係になっていく

婚活で出会ってから仮交際でデートをするところまでは、どんな男性が相手であっても一緒ですよね。

詐欺師が普通の男性と違うところは、一度狙いをつけた女性のことは簡単には手放さないというところです。

男の婚活詐欺師は、女性からお金を獲ることが目的で近づいてきていますので、心のなかでは「この女性と会っていても退屈だなぁ」と思っていたとしても、そんなことを表情には出しませんし、それを理由に別れようなどとは絶対に思いません。

ただひたすら女性の機嫌をとり、親密になって、肉体関係にまで発展させることでしょう。

そこまで親密になってしまえば、婚活詐欺師は次のステップへと入るのです。

その3)「あなと結婚を考えてます」と話しを持ち出します

婚活中の女性、特に30代、40代の女性は、いい人を見つけて早く結婚したいと思っている人が大半です。

その弱みに付け込んで、婚活詐欺師は「あなたと結婚を考えています」と言い出します。

ただのお付き合いから始まり、結婚の話にまで進展すれば、女性の気持ちはもう婚活詐欺師のモノになったも同然です。

婚活詐欺師は女性の心理をついてくるのが得意なのです。

その4)お金を要求してくる

お金を要求してくる

女性に、「私はこの男性と結婚するんだ」と確信させた段階で、婚活詐欺師は次のステップに入ります。

本来の目的でもあるお金の要求をしてくるのです。

これが本来の目的だからです。

ポイント

お金を引き出すための口実として多いのは、

「親が病気になったからお金が必要になった」

「実は借金があるので、返済が終わってから君と結婚したい」

「仕事で失敗してしまったので、早急に穴埋めをしなければならない」

などです。

女性の頭の中は、もう結婚のことで一杯なので、冷静に現実を見て判断することができなくなっています。

好きになった男性のためならと、ドンドンお金を貸していってしまいます。

そしてある日、突然、男性とは連絡がつかなくなってしまうというケースがほとんどです。

婚活詐欺の被害の話しを効いても、「私はそんなのに引っかからない」と大半の女性を思っていることでしょう。

しかし、相手は詐欺師「プロ」なのです。女性の真相心理をうまくつき、あの手この手であなたから金銭を奪い取るのです。

  

次は婚活詐欺師の特徴について見ていきましょう。

男の婚活詐欺師の特徴は6つ

男の婚活詐欺師の特徴は6つ

男の婚活詐欺師の6つの特徴を説明していきます。

その1)エリートではないが、貧乏もしていない人間を装う

「僕は年収2000万円です」と豪語する男性には、一部の女性は飛びつくかもしれませんが、「大袈裟に言っているんじゃないの?」と警戒して、逆に近づかない女性も多くいます。そのため婚活詐欺師は、年収を極端に高く言わないという特徴があります。

年収200万円や300万円の男では、経済力が無さすぎて女性から見て全く魅力を感じませんので、貧乏アピールはしません。

しかし、年収600万円や700万円という数字は、とてもリアル感が増します。

現実的には、高所得者のほうに分類されます。

「自分は年収がそこそこあって、ファッションにも気お使い、まあまあいい生活を送っているよ」

というアピールをしてくるのです。

これが、男の婚活詐欺師の一つ目の特徴です。

その2)テレビドラマにでてくるような「優しくて性格の良い男性」装う 

男の婚活詐欺師は、女性に好かれなければならないので、ただひたすら、その女性の理想とする男性像を読み「素敵な男性」を徹底的に演じます。

女性に対して優しいのはもちろん、物腰が柔らかく、包容力のあるところを演じ切ります。

どんな女性から見ても魅力的な男になりすますのです。

その3)女性の言うことを尊重して、聞き上手を装う

 女性は無意識のうちに、相手に共感を求めているものです。

男の婚活詐欺師はそんな女性の心理もよく分かっていますので、とても聞き上手で、女性の話をよくフォローしてくれます。

「そうそう、君の言う通りだと思うよ」

「僕もそう思うよ」

なんて優しく言われたら、女性はますますその男に夢中になってしまいます。

その4)いつも小奇麗で清潔感がある男を装う

 モテル男というのは、顔の善し悪しだけでは決まるものではありません。

一番のポイントは清潔感でしょう。

これさえ守っていれば、女性から嫌われることはほとんどないと思います。

いくらイケメンでも、無精ヒゲが生えていたり、肌が脂ぎっていたり、体臭が酷かったりしたら引いてしまいますよね。逆に、顔はそこまでイケメンでなくても、ヒゲをしっかり剃って肌を清潔に保っていて体臭にも気を配っている男性は、清潔感があり素敵だと感じるものです。

その5)ファッションに気を遣うオシャレな男を装う

清潔感がいくらあっても、ファッションに無頓着な男性はダサいのでモテないですよね。

男の詐欺師はファッションにも気を配っており、派手すぎず地味すぎず、センスのいい、シンプルでトレンドを意識した男を装うのです。

その5)あたりまえですが、プロフィールが嘘だらけです

婚活詐欺師は、犯罪のプロです。詐欺だとバレた頃には彼女の手の届かないところに逃げていないといけません。

そのため、女性に伝えていたプロフィールが、名前から勤務先まで全て嘘であるということが、ほとんどです。

犯罪者は、足が付くような事はしないのです。

電話番号やメールアドレスは本物を使用するでしょうが、着信拒否をされてしまえばそれまでです。

また、男性の家に一度も行ったことがないのであれば、住所も架空のものである可能性が高いです。

そして写真なども撮りたがらないのが特徴です。

婚活詐欺師に騙されやすい女性の特徴は3つ

婚活詐欺師に騙されやすい女性の特徴は3つ

結婚詐欺にあいやすいのは、圧倒的に女性が多いようです。

男性にお金をつぎ込む額も多いを言われています。

騙されやすい女性って、どんな特徴のある人なのでしょうか?

 

順番に見ていきましょう。

その1)アラフォーの結婚願望が強い女性

一番被害に遭いやすいのはアラフォー女性なんです。40代になって結婚をメッチャ焦っている人が多いので、好きになった男性に入れ込んでしまう可能性がとても高くなります。

「この男性を逃したら、後がない」「最後のチャンスかも知れない」と切羽詰まっている女性は、男性に言われるがままにお金を貸してしまう人が多いのです。

その2)仕事ができてプライドの高い女性

仕事もバリバリできて、プライドの高い女性は、「私は婚活詐欺になんか絶対引っかからない」「引っかかるわけがない」と自信を持っています。そこが盲点なのです。

しかし実際には、このようにプライドの高い女性こそ婚活詐欺師のターゲットになりやすいのです。

プライドの高い女性は、男の婚活詐欺師に騙されてお金を渡してしまっても、「自分はそんな過ちは犯さない」と思い込みたいので、現実から目をそらし続けます。しかし実際には、詐欺の被害にあっているのです。

そしてプライドの高い女性は、世間体というものを気にする人が多いので婚活詐欺だと気づいても、警察に被害届は出さずに泣き寝入りしてしまう人さえいます。

それを悪徳な婚活詐欺師は承知しているのです。

その3)経済的に豊かで自立している女性

女性は男性よりも一般的には年収が低めなことが多いです。

お金を持っていない女性を詐欺のターゲットにしても、騙し取れるお金の額が小さいので、婚活詐欺師にとっては美味しいターゲットではないのです。

そこでターゲットにされるのが、経済的に豊かで自立しているの女性です。

本人が会社の代表であったり、大企業に勤めていたりするケースもありますが、女性の親がお金持ちというのもターゲットにされる時があります。

本当に婚活詐欺師というのは、ずる賢いのです。

婚活詐欺師に騙されないため心がけたい事は3つ

婚活詐欺師は、どこに紛れ込んでいるか分かりません。婚活中のみなさんは、いつターゲットとして狙われるかわからないのです。

詐欺にひっかからないために、心がけておきたい事。注意点は3つです。

相手の身分証明書を確認させてもらう

相手の身分証明書を確認させてもらう

婚活詐欺師は、本名や住所などのプロフィールを偽っていることが多いです。

お付き合いが深くあるまえに、お相手の身分証明書を確認させてもらいましょう。

その時に、身分証明書を見せる事を嫌がる男は要注意です。

もし本気であなたと付き合いたいと思っている人ならば、容易に応じてくれるでしょう。

お付き合いが深くなってからでは、なかなか言い出せないものです。

最初に確認させてもらいましょう。

結婚前にお金は絶対に貸さない

結婚前にお金は絶対に貸さない

まだ入籍してもいない相手に、お金を貸すのはやめましょう。結婚する気があるように見せかけていても、本当に結婚してくれるかどうかは分かりません。

結婚の話が現実に出ると、どうしても浮かれてしまって現実が見えなくなるものです。

冷静な判断ができなくなっているのです。

結婚前は、どんな理由があっても、大金を貸してはいけません。

逆に言うと、そういう男は要注意です。婚活詐欺師の可能性大です。

借用書を用意する

借用書を用意する

どうしてもお金を貸してほしいと言われたら、借用書を書いてもらいましょう。

それが当然な流れです。

常識のある人は男性、女性に限らず人からお金を借りるときは借用書を書きます。

これを拒む人は、何か後ろめたい事がある人でしょう。

借用書は、お金の貸し借りがあったことを証明する文書で、誰でも作成することができます。

書式は、インターネットで探すとすぐに出てきます。

手書きの借用書でも、問題ありません。

借用書を書いてもらえれば、法的に返済義務が生じるので、少しは安心できます。

どうしても書いてもらえなかったら、詐欺師の可能性があるので、その彼のことはあきらめたほうがいいでしょう。

もし婚活詐欺師に騙されたと気づいた時は

どんなに気を付けていても、詐欺にあってしまう時はあります。

相手も犯罪のプロだからです。

騙されたと気づいときに、あなたがやるべきことを最後に紹介します。

まずは警察に相談する

婚活詐欺にあったら、まずは警察に相談しましょう。お金を返してもらうにも、慰謝料を請求するにも、まずは詐欺師の居場所を見つけなければ始まりません。 警察が100%詐欺師を見つけてくれるとは限りませんが、まずは被害届けを出す事が大切です。

次に弁護士に相談してお金を返してもらう

次に、詐欺師に渡してしまったお金を返してもらいましょう。

インターネットで検索をすると、婚活詐欺の相談にのってくれる弁護士事務所が見つかるはずです。

弁護士相談料の心配もあるでしょうが、犯罪には法律のプロに助けてもらうのが一番です。

この時、借用書があると有利になります。

借用書というのは、法的に効力を発揮するからです。

また、会話の録音やメールのやり取りのスクリーンショット、振り込み証明書などの証拠をしっかり用意しておきましょう。

そして弁護士に相談して慰謝料を請求する

慰謝料を請求するには、詐欺罪・事実婚・婚約破棄の不当性といったものを証明をすることが必要になります。

これらは一般人にはできないことですから、弁護士に相談しましょう。

まとめ

婚活相手が婚活詐欺師だとは思いたくありませんが、不審な行動や言動があったら「もしかしてこの人、詐欺師かも?」と一瞬立ち止まって冷静になって考えてください。

婚活詐欺師は、自分の正体がバレないように取り繕いますから、見破るのは簡単ではありません。

でも、この記事でご紹介した「婚活詐欺師に騙されないため心がけたい事は3つ」を心がけてもらえれば、相手が詐欺師かどうかを見破ることはできなくても、お金を騙し取られることはなくなります。

結婚を望む女性にとって婚活は大イベントです。

無事にゴールするためにも、何か変だなと思ったら、一瞬立ち止まって、この記事の事を思い出してください。

-婚活

© 2020 お役立ち情報ブログ |美彩life