仕事

営業アシスタントになるために知っておくこと

営業アシスタントになるために知っておくこと

営業アシスタントになるには、まず営業職がどういうものであるかを理解する必要があります。

営業アシスタントは、営業にとってどんな役割を果たすのか、アシスタントとして何をするべきなのかが、理解できると思います。

営業アシスタントは、一言でいえば営業のサポートです。「支え」です。

営業は会社に利益をもたらす大切な役割があります。

物品やサービス、情報などの商品を利益に結びつける仕事が営業職の仕事です。

営業の力が大きければ、それだけ会社に多くの利益をあげることができるのです。

販売業務が営業の仕事中心ですが、それぞれの会社によって役割はいろいろあります。

会社にとっての重要な役割を果たす営業マンにとって、営業アシスタントは心強い存在です。

営業アシスタントのおかげで、仕事がスムーズに運べるのですから。

新規の顧客を開拓することが求められるのが営業の仕事です。

その方法は見込み客に営業をかけたり、広告などを利用したり、すでにいる顧客から紹介したもらうなどして、新規顧客を作っていきます。

電話であらかじめアポイントを取ってから訪問する営業や、アポイント無しのいわゆる「飛び込み営業」など、そのスタイルは会社によってですが、商品を売り込み購入してもらうまでには、いろいろな努力が必要です。

営業をかけて話は聞いてくれることもありますが、商品の購入にまでは至らないのがほとんどです。

また実際話しをするときはコミュニケーション能力にとどまらず、商品についての知識をうまく伝えることも必要です。

営業はそう簡単にはいかないのです。

とはいっても商品を購入してくれたときには大きな達成感や満足感が得られるのも営業職の特徴でしょう。

簡単にはいかないからこそ営業は面白いのかもしれません。

しかし営業は「売って終わり」では次に続かないのです。

商品を販売した後も顧客のケアをしていく必要があるのです。

営業は時間との戦いでもあります。

なぜなら営業には売り上げの目標が課せられるので、顧客管理だけではなくスケジュールの管理、予算管理など自分で行うべきことがたくさんあるからです。

-仕事

© 2020 お役立ち情報ブログ |美彩life